秀学ゼミナール

子どもたちとできるよろこびを感じあいたい。

TEL.045-786-1193

〒236-0053 神奈川県横浜市金沢区能見台通7-26 スリーブ2F

教育ブログ

ウソシリーズ 「本をたくさん読めば国語力がアップする」のウソ(国語編⑩)

感情を扱う「文学的文章」の読解の方が、型がある「論説文」より難しいと前回書きましたが、好みから言えば、「文学的文章」に軍配が上がるのはなぜでしょう。
それは「論説文」に出てくる言葉(単語、用語)が難解だからです。
馴染みのうすい漢語に違和感を覚えてしまいます。
言葉の海を広げたいと普段から心掛けていれば、辞書もおっくうがらずにひくのでしょうが、なかなかそうもいかない。
結局、「読解力の肝は、語彙力にあり」と言えそうです。
人は、言葉で考えています。
言葉の世界を広げ、深めることが世界をよりよく理解するための最善の、しかも唯一の方法なのかもしれません。

ウソシリーズ 「本をたくさん読めば国語力がアップする」のウソ(国語編⑨)

そこで反対の概念である「戦争」を対比させることによって、より一層「平和」を具体的に意識させるのです。
「戦争」は「平和」の対義語です。
「平和:A」→「戦争:B」。さらに、「戦争」の類義語(仲間の言葉)、「危機:B’」「不安:B”」等を想起させるトピックを記述して論を展開していきます。
対比することで、「平和」の実体が鮮明になります。
そして、結論段落で再度「平和」の大切さ、重要性を強調して論を終えます。

論説文の構造(型)を身につけてしまえば、論説文の読解が容易になります。
国語の試験問題で「文学的文章(物語、小説等)」と「論説文(説明文等含む)」、どちらが好きかと生徒に聞くと、大方は「文学的文章」と答えます。
しかし、実際は、論説文の型を知ってしまうと、「論説文」の方が多く得点できるのです。
人の心、感情、心理等、複雑に絡み合ったものを対象にする「文学的文章」の方がはるかに難しいのです。

ウソシリーズ 「本をたくさん読めば国語力がアップする」のウソ(国語編⑧)

「平和」について書くと序論で提示した後、本論でその内容に入ります。
「平和」ということばは、抽象的な語なので、どういうことが「平和」なのか具体的にイメージしてもらえるように論を展開させます。
ふだん意識せずに過ごす日常が、どんなに幸せなのか。
公園で子供とサッカーをしている父親。何気ない風景に見えるかもしれません。
しかし、公園上空をミサイルが飛び交っていたら、とてもサッカーどころではありません。
「安全」であることの大切さを感じます。
一家「団欒」の休日の夕食。いつ、爆弾が降ってくるかわからない状況下でのんびり食事は楽しめません。
このように「平和」から連想されることばを無意識に探ります。
「安全」「安心」「団欒」「満足」等々。
つまり、「平和」の「類義語(そのカテゴリーにある語まで含めて)」に関連させて話が進行していきます。
「平和:A」「安全:A’」「安心:A”」という具合です。
「平和」の類義語(厳密には仲間の言葉)、「安心」や「安全」「団欒」だけでは「平和」そのものがボケてきてしまいます。

教育ブログ 「よなはTのひとり言」㊸

その平中の文、どんな女も靡(なび)いてしまう歌にも、かの侍従は一向に返事をよこしません。季節も移り、六十通ばかり文を出した頃、「みつ(見ました)」と書かれた二文字だけの文がようやっと侍従から届く。
雨夜に本院の侍従の局(つぼね)に忍んで行った平中は、長らく待たされた後ようやく侍従と会うことができた。
香を焚きこめた暗闇で、夢が現(うつつ)に変わろうとするその刹那、侍従は忽然と立ち去ってしまう。
侍従の幻から脱しない限り平中は生きていけないことを悟り、ある決心をする。
「あの女の浅ましいところを見つけること」それ以外に焦がれ死にから逃れる術はない。
その時、侍従の女童(身の回りの世話をする)が絵扇の陰に何か筐(はこ)を持って通りかかる。平中は侍従のした糞(まり:うん○)に違いないと思い定めその筐を奪う。
百年の恋も霧消するだろう。意を決し筐を開いた平中の眼に飛び込んできたものは。
香水の中に濃い色の香木が二つ三つ。
その二寸ほどの物を噛みしめた平中は失神して仏倒しに倒れてしまう。
平中の行動は理解できるのですが、侍従はなぜ、「香細工の糞」まで作らせたのでしょうか。

ウソシリーズ 「本をたくさん読めば国語力がアップする」のウソ(国語編⑦)

類義語、対義語と並んで接続語の働きにも注意してください。
「朝早く起きました。しかし、散歩をしました。」大いに違和感ありですね。
「朝早く起きました。それで、散歩に出かけました。」
接続語「しかし」は逆説の接続詞です。
前文と反対の事象が続きます。
逆に考えると、「しかし」の登場が反対事象の出現を予想させるのです。
接続語(接続助詞等も含む)は文章の論理展開をたどる道標(みちしるべ)です。
この標識を見落とさないようにしましょう。
論説文の構成は次の3タイプに分類されます。
オーソドックスなタイプが尾括型。序論(主題提示)→本論(内容)→結論(まとめ)。最後、尾っぽで括(くく)るから尾括型です。
最初に結論がくるのは頭括型、結論が最初と最後に二つあるのを双括型と言います。
では、尾括型をモデルにして論説文を見ていきましょう。
「平和」について書かれた文があるとしましょう。
序論で「平和」について述べる旨を告げて(表題を提示して)、文がスタートします。
この時、疑問形で読者に問いかけをしたり、キャッチ―なつかみを考えたり、読者に関心を持ってもらうような工夫を凝らします。

教育ブログ 「よなはTのひとり言」㊷

今回は文学の話。「好色」。芥川龍之介が大正十年「改造」に発表した作品。
「今昔物語」巻第三十「平定文仮本院侍従語」、「宇治拾遺物語」巻三の「平貞文本院侍従の事」等に依った作品で、彼は、「王朝物」と言って古典に題を取った「説話文学」を多く残しました。主人公、貴族の「平中」は、希代の色好み、いわゆるプレイボーイ。
女ができると、たちまちその女に飽きてしまう。
次々と女をとりかえる。女性はもちろん、その親や亭主、恋人からすれば、敵のような存在です。そんな平中が、宮仕え人の侍従に恋してしまいます。
当時、恋愛の手順は、まず、文(ふみ:手紙)をつかわす(送る)ことから始まります。
文の内容は歌です。
三十一文字(みそひともじ:短歌のこと、江戸時代までは和歌という)に己の気持ちを載せるのです。
返事も、当然、歌で返します。
万葉の昔から、やまと(日本)は歌の国です。
違和感を覚えるかもしれませんが、今でも流行歌(音楽)が身近にあるのと同じ感覚です。
庶民から天皇まで、心情を歌にこめて表現しました。

教育ブログ 「よなはTのひとり言」㊶

イギリスの小説家フォスターが「ストーリー」と「プロット」の関係についておもしろいことを述べています。
『ストーリーは時間的順序に配列された諸事情の叙述。プロットもまた、諸事情の叙述だが、重点は因果関係におかれる』と。
「王が亡くなられ、それから王妃が亡くなられた」これはストーリー。
「王が亡くなられ、それから王妃が悲しみのあまり亡くなられた」といえばプロットです。
「それからどうした」に重点をおけば物語、「なぜ?」に焦点をあてれば小説ということでしょうか。そう考えると一つの作品でも、話の筋をたどって、次の展開がどうなるのかわくわくしながら読めば、物語を読んでいることになり、登場人物の気持ちに寄り添って因果関係を究明しながら読めば、小説を読んでいることになります。
物語的な読書はすらすら、小説的な読書はゆっくりといった感じでしょうか。
気持ちを汲みとるためには行間を読まなければいけません。
自然と文章の森を揺蕩(たゆた)うことになります。
小説の中の時間は「それからどうした」という物理的な時間のほかに人間の心の時間も描かれます。
時の流れが止まっているのです。確かに「源氏物語」は小説なのです。

ウソシリーズ 「本をたくさん読めば国語力がアップする」のウソ(国語編⑥)

ここで、「類義語」「対義語」の話を少し。
「短所」の対義語はなんでしょう?そう「長所」です。
関係性を明確にするために「短所」⇔「長所」と書いてみましょう。
それでは、「短所」の類義語は?分かりますね、「欠点」です。これも同様に「短所」=「欠点」。それでは、「欠点」の類義語はなんでしょう?「美点」という語があります。
この四語を四角く並べてみてください(⇔、=を使って熟語は縦書きに)。
右上に「短所」、その下に「長所」「短所」の左隣りに「欠点」その下に「美点」ことばの四角形ができあがりました。
これを眺めてみると、おもしろいことに気づきませんか?「短所」の左斜め下にある「美点」。「欠点」の右斜め下にある「長所」ともに対義語ではありませんが、意味が反対のことばになっています。
対義語、類義語の四角形の関係は重要です。
特に論説文を読解する際に!福嶋さんのことば『すべての文章は、「言いかえ」の連続で作られている』のならば、語彙がどう変奏されて流れていくのかをたどれれば文章理解は容易になります。

ウソシリーズ 「本をたくさん読めば国語力がアップする」のウソ(国語編⑤)

「正しい文章読解のための三つの力」の二つ目が「くらべる力」。
事物を対比、比較することで違い=差異が明確になります。
そして三つ目の力が「たどる力」。
「たどる力」とは「因果関係(原因と結果の関係)力」だと福嶋さんは言います。
結論により高い客観性があることが因果関係を担保している要件だと。
高い客観性とはこういうことです。
原因:「宿題をわすれた」→結果:「しかられた」
この→を「だから」で置き換えてみてください。「宿題をわすれた。だから、しかられた。」
論理展開に納得がいきますね。
これが担保されているということは、この逆がまた論理的に整合性があるということです。
結果:「しかられた」→原因:「宿題を忘れた」。
この→に「なぜなら」を挿入。「しかられた。なぜなら、宿題を忘れたからだ。」
因果関係の逆をたどって、おかしくなければ、論理的な破綻(はたん)はないということです。文章を読解するのに、この「三つの力」を備えていれば、後は、語彙(vocabulary)力をつけるだけでOKです。

教育ブログ 「よなはTのひとり言」㊵

今回は文学の話。
国語の試験問題は「文学的文章」、「説明、評論的文章」など異なる分野から出題されますね。
その「文学的文章」をさらに細かく見ると「物語」「小説」「随筆(文学的文章と評論的文章の折衷)」「韻文(詩など)」等に分かれます。
ところで、疑問に思ったことはありませんか。「物語」と「小説」とはどこが違うのでしょう。
「竹取物語」と「源氏物語」。
どちらも「物語」を名乗っていますが、前者は「物語」、後者は「小説」だと聞いたことがあります。しかも「源氏物語」は世界最初の小説だとか!